ゴルゴ主夫日記

夏休みの宿題 – なりゆき主夫のリアルな日常 – 楽天ブログ(Blog)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、夏休みの宿題というものを殆どしたことがない。
どうしていたのか?
夏休み終了間際に、母が近所の同級生の女の子の家に行って、やり終わったドリルを借りてきてくれた。
私は、それを写していた記憶がある。
自由課題は?
母が夏休み最後の日に雑誌を見て作った工作を、持っていくのが嫌だ!といって、結局宿題提出しなかった。
小学校5年生の時、担任の男の先生に「お前はそれでいいのか?」と責められたが、「それでいいなら座っていい」と言われて、席に座り、先生の度肝を抜いた。
そんな私が、今子供達の宿題をやらせるために、朝つきっきりになっている。
ブログランキングです。
っていうより、あんたの子供時代が問題多すぎ!!っていうごもっともな貴方はこちら!!
人気blogランキングへ
確かに。
まあ、私は母子家庭。
男ばかりの3人兄弟で母が中華料理屋をやっていた。
宿題をみてもらったことはないというより、宿題をやらないことで怒られた覚えもない。
たぶん、それどころではなかったのだ。
自分がそうだったからそういうだけな訳だが、子供というのは言われない事をしないし、期待されたこともしない。
言われすぎてもしない。
適度に接しなければ、言う事なんかまるできかないのだ。
身を持って理解している私は、それが出来ない子供を嫌いになりはしない。
あえて好きにはならないが・・・
去年はなんだかんだいって、勉強はまるっきり妻と義母任せだった。
私は人間的に必要な事、つまり変に意地悪な性格や、曲がった根性さえ持っていなければそれでいいのでは?と考えていた。
自分自身がまるでやっていなかったのに、子供に勉強教えられるとも思っていなかったからだ。
しかし、それは間違いだと今では思っている。
つまり、妻や義母が、(普通の)子供は皆そう、と思い込んでいる「既定の概念」に乗っ取って対応してきたこの2年ほど。
子供達は確実に以前より悪くなっている。
それは、誤魔化す手段が巧妙に、悪質化しているということだ。
子供の悪の力に、義母は負け、妻も負けかけているのである。
そんな馬鹿げた悪魔に屈している場合ではない!!
私がやらなければ、とりかえしのつかないことになる。
私が勉強を見るのは、いい会社に就職させるためではない。
人間として必要な事を誤魔化さず、学んでもらうためである。
ラジオ体操から帰って来た長女に、私は言った。
「飯を運べ」
「○○ちゃん(隣の同級生)と一緒にいったらしいな」
「うん」
「今日はラジオ体操してないらしいな」
「・・・」
「明日はちゃんとしなさい」
「はい」
私は長男に言った。
「もしおねえちゃんが明日体操しなかったらしなかった、体操したらした、どっちにしてもオレにはいうこと。それから、おねえちゃんが体操しなかったらラジオ体操している大人の人にも言う事」
「ちゃんとする」
「ちゃんとするところをしてないからそういうことになるんだろう」
「○○ちゃんに、ちゃんとするように言う」
たぶん、○○ちゃんをたぶらかしたのは長女である。
誤魔化された。
こういう能力は桁はずれて高いのだ。
「○○ちゃんには言わなくていいから、お前は体操をすること、いいな」
「はい」
「飯だ、姿勢に気をつけること」
この2人の姿勢の悪さは、基本的には義母譲りであり、父親譲り、母親譲りでもある。
勿論、私も猫背だ。
しかし、そんなことで躊躇していていいレベルではなくなっている。
長女の場合、猫背の副作用でガリガリのくせに二重アゴになっている。
長男は左肩が落ちて、背骨が横に湾曲始め首まで曲がり始めている。
夏休み中、猫背禁止!!
徹底する。
このためには義母も叱らせてもらう。
いつもは5分に一度くらいに注意するのをセーブしているが、それがつけあがらせる結果になったと思う。
一度たりとも、曲げる事は許さん!
飯を食うとき・・・
肘をつくな!
足を崩すな!
手をつくな!
背筋を伸ばせ!
・・・・プルプルしながら、茶碗に口を近づけるな?!!
茶碗を持て?!!
ドアホ!!
うっかり笑うところだったぜ・・・
箸と茶碗の持ち方は・・・今回はパス。
そういうレベルじゃない!
飯を食ったら、茶碗を洗う!
自分の使った茶碗を先ず洗う。
子供に茶碗を洗わせれば水道代は高くつくが、仕方がない。
そして、あいた皿、使ったものをことごとく片付けさせる。
自分はやらないくせに、なんて思わせない。
自分の茶碗を洗うのが面倒な義母の影響を払拭するのだ!
先に食べ終わる長男に、「飯粒は落ちにくいから綺麗に洗ってね」と優しい言葉。
その後、「いいか、今までは洗って終わりでもよかったが、これからは洗った食器を拭いてしまうこと。か・な・ら・ず!」と付け加える。
後で食べ終わった長女に向かってアホ長男が「おねえちゃん、お皿は自分で拭いてしまうんだからね」と嫌味を言う。
長女は「あんたが拭けよ」という。
冗談にもツッコミにもなっていない会話に、「自分で全部やるんだからな、これからずっと」と言っておいた。
こういえば普通やるだろうと思った私が悪かった・・・
書いてて疲れた。
また、元気が出たら書きます!
ブログランキングです。
続きが見たい人はこちらをクリックしておいてください。お願いします!
blogranking1
結局、宿題までたどり着いてないじゃん!!!って気づいた人はクリ?ック!!・・・

blogranking1

すみません?!!・・・・・(^^ゞ

関連記事

  1. 忙しい・・・ – なりゆき主夫のリアルな日常 …
  2. 気合だ!気合だ!気合だ!(その3) – なりゆき主夫…
  3. 子供は無視、大人だけで食いにいく作戦 – なりゆき主…
  4. グリーン豆 – なりゆき主夫のリアルな日常 R…
  5. サイクリング日和 – なりゆき主夫のリアルな日常 &…
  6. ゴルゴ玉子 – なりゆき主夫のリアルな日常 R…
  7. 間にあわない!!(またかよ) – なりゆき主夫のリア…
  8. 良い一日なのだろうか? – なりゆき主夫のリアルな日…
PAGE TOP