未分類

義母とのいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13~14日、義母亭に行ってきました。
名目はお墓参りということです。
ま、それは別に構わないのですが・・・
それにここで書く必要もないのですが・・・
同居の長男夫婦は旅行で不在。
義母一人でタクシー呼んで墓参りなんて訳にもいかず、というのもあったり。
というよりも、同居しているから普段墓参り以外にも色々としているというのもあると思うけど、結局私たち夫婦とは全くすれ違いで、顔を合わせておりません。
嫌われてる?嫌ってる?訳ではないと思うが・・・( ̄□ ̄;)!!
若干、こんなことでいいのか?という思いも巡りますが、このあたりの親子関係に、私が何か発言する権利もないでしょう。
っていうか私は婿ではありませんし、自分の田舎の墓参りだってまだ済ませてませんが・・・。
あくまでも、私は次男であり、墓守はいますから・・・
ま、いっか!となる訳ですが。
(そんな文句いうなら早く自分の墓買えって言われればおしまいです)
それよりも、とりあえず仕事もあるし、貧乏だしあまり長く遊んでられないってのがこちらの一番の弱みでもあり。
不動産収入で余暇を満喫中の義母と生活レベルをあわせることも、金融機関で働く長男夫婦のバカンスの都合にあわせることは難しいのです。
その遊んでいるお金を少しは養育費に回して・・・もらっている訳ですが・・・現状はそれでも足りません。
自慢になりませんが、貴方たちから預かっているお子達、金かかり過ぎですから!
かといって、義母に遊ぶ金削ってこちらに回せとは言い辛い。
この辺が現実問題としての最も大きなジレンマでしょうか。
花子の進路について、義母と少しだけ、話をしました。
大体の部分は妻と電話で話しているから現状は判っているはずですが。
「私も、自分の身を犠牲にしてまでいい学校にいれることは出来ないのね」
といいながら、次にヨーロッパ旅行に行くときの準備として、デジカメの画像を私に整理させる義母。
これだけ書けば鬼のようですが・・・
実際鬼の会話だと思いました。(汗)
現代において、選ばなければどこの高校でも行ける訳です。
ただ、現実的に花子の知的水準が公立で通用するとも思えず。
大体のことは目に見えてるというか、想像はつきます。
義母はこの子の父親を育てた時点で大体のことは判っているはず。
でも、忘れてしまうのかも。
その後、この子の父親が生きている間も、死んでからも、「育て方を間違えた」と何度も愚痴を言いながらも、また太郎の育て方間違えたといってるくらいですから。
じゃ、花子は?
現実問題として、花子にそこまではしきれない、と。
「女に教育は受けさせる必要はない」と親に言われ、悔しい思いをしたからこそ教育だけはしっかり受けさせたいって言ってたのは誰ですか?
ま、たしかに、私立は私たちの収入ではどう考えても無理な訳です。
というより、大体、花子は私たちの子供ではありません、というか、義母の養子ですから続柄的には義妹?
義母はまた、以前の話を蒸し返し。
http://stepmother.grouptube.jp/diary/user/sn3/89
花子のパパの葬儀の際、義母の兄(私たちにとっては叔父)に言われたことです。
「あのとき、会ったこともない花子と太郎の性格までピタリと言い当ててね。おまえに育てるのは無理だから、施設に入れろって言われたわよ。だけどそんな可哀想なこと出来ないじゃないの?」
で、私が引き取ってますが何か?σ(^◇^;)
私はその時点で言わなかったけど。
正直言えば、花子と太郎が今家にいるのと、施設で育てられたのと比較して、どちらがよかったかなんて判らない。
子供たちからすれば、施設のほうが規則正しい生活になったかもしれないし、小遣いももらえたはず。
家族から嫌味も言われず、自己評価をもっと高くもつことも出来たかもしれないし、家族をいまよりももっと大事に思っていたかもしれないし。
(勿論、今よりもっと悪くなったかもしれませんが)
これはもう、育った後ではやり直すことが出来ないことです。
だから言っても仕方がないことだけど。
可哀想だから、自分が引き取る、あるいは、皆で引き取る、あるいは、出来る人が引き取る、あるいは、悪いけど自分は出来ない!
って事実そうだとしても、それを私に言われてもっていうか、言われなくても色々考えてます。
ま、大した問題ではないのですが・・・
大体、義母亭に行くと、凄まじくストレスが溜まるのが現実です。
で、太郎とビワコの面倒をお願いして、花子の塾と仕事の都合を口実に、帰って来た訳です。
結局義母が面倒見てくれる訳ではないので、放置されて自分勝手な命令に太郎が中途半端に反抗して、1年間培ってきた躾がほんの数日で(x_x)になってしまうのも判ってはいますが・・・
それが家族の現実!
仕方ないじゃ~ないですか。
障害施設運営するよりたぶん楽です。
(こんなこと公開したら大変なことになりますが・・・ここならま、いっか!)
で、未だに行ってない私の実家の墓参り。
私の実家は狭いので、家族全員で泊まることは出来ないので、ホテルを取りつつ、1拍ですが言ってみれば小旅行のようなもので、子供たちは楽しみにしていたりもする訳ですが・・・
義母も同行するとのこと。
ま、それも別にいいんですが・・・
何故、同居の長男夫婦の純粋な小旅行に同行しない??
ま、関係ないですが、義母亭に向かう道中、車のエアコンが壊れました。
今週末に田舎に行く予約を、とりあえずキャンセル。
次の予定は車の修理屋から連絡が入り次第、また考えるということで・・・
祟り?
(何の祟りかは不明)

関連記事

  1. 描画
  2. 既定の概念 密葬
  3. カミングアウト
  4. 愛情過多理論の前に愛着の定義について
  5. とうきょう ステップ プロジェクト 2
  6. フィクションの終了
  7. 久しぶりになりました
  8. 運がいいとか悪いとか
PAGE TOP