居場所を求めて放浪の旅・・・浮気モノの弁明編

継母倶楽部の裏コードネーム
http://stepmother.grouptube.jp/group/2/topic/252
この提案と連動して・・・
私たち夫婦は本当に、親族里親なのか?
これがず~っと引っかかっていました。
それは、都道府県の福祉保健局に聞かなくてはいけません。
そして、実際の窓口は、児童相談所です。
妻は恐れていましたし、私も・・・多かれ少なかれ、恐れがなかった訳ではありません。
今までも区の相談所や教育研究所、または発達クリニックなどでお世話になりました。
でも、今まで児相に相談したことがなかったのです。
児相との接点となるキーワードが「虐待」となることを漠然と感じていたのもあります。
寝る子を起こすではないけれど、いろいろ勘繰られるのは嫌だし、万が一でも、花子あたりが、「虐待されてないか?」なんて言われれば、「されてる」なんていいかねない・・・
(そこまで信じてないっていうか、花子の場合、咄嗟の場面で本当のことを言うことが殆どないので・・・私も確かに反抗的な態度に出たら叩きますし、近所の人も私の怒鳴り声聞こえてるはずだし)
私たち夫婦は、他の里親の方々のように「尊い志」を元々持ち合わせていなくて、なりゆきで子育てする羽目に陥ったという「甘えの意識」が抜けていない訳で、相談した挙句、私たち夫婦が親として不適切であり、花子と太郎は他の里親の元に行くべし、のようなことを法律の下で決定されたら・・・。
親族里親登録者が全国規模で200人くらいしかいない現実、ネットで調べても誰もブログを書いていない、全く情報が出てこないことも・・・
そんなことも、漠然と恐れていた理由の一つでした。
でも、連絡した結果どうなっても、やはりそれを確かめなくては、悔いが残るというか。
結果何にも変わらなくても、もしかしたら何か一歩でも前進できるとすれば・・・
確認しなかったことに後ろめたさを残しつつ、子育てをしたくない。
そう思って、妻を説得し・・・
児相に電話をしてみました。
結果、私たちは親族里親でないことが判明しました。ヽ(。_゜)ノ んばば んばんば (爆)
担当の人は「同居されて何年になるのですか?」と訊ねました。
「もう、5年になりますが」というと、先方は「ああ~申し訳ありません・・・」と言っていました。
親族里親として認定されるためには、子供と同居していてはいけないんだそうです。
つまり・・・
子供が一時保護預かりになる→親族が里親認定を受ける→その子の親族里親になる
担当者の電話口の声が小さくて、はっきり聞き取れませんでしたが、たぶんそういうことらしく、仮に引き取ってすぐにだったら、対応のし様(書類上?)が出来たのかは判りません・・・。
でも、この仕組みゆえ、『親族里親』認定者が少ないんだろう・・・ということが判りました。
(こういう場合、あえて児相を経由するメリットが思いつかないでしょう。それにたぶん、制度として殆ど誰も知らないと思うし)
お題目的に厳しいというか・・・やはり前程としての問題があるんでしょうね。
この制度改革のために立ち上がる?・・・いや、少し考えさせてください。(;^_^A アセアセ
一応、里親になれば今の支給を受けている児童扶養手当はストップすることになります。
親族里親の場合、里親手当ても支給されず、里子手当てだけなのも判ってましたので仮に里親認定されたとしても、お金の出所が変わるだけで、それはむしろマイナスの可能性もあり。(所得収入による計算がいろいろ・・・)
でも、私は別に、お金が欲しかった訳じゃなく。
いや、お金はいくらでも欲しいけど・・・(^_^;)
もし・・・里親としての認定がされるなら・・・
里親のコミュニティで、似たような生活を送っている人達と情報交換してみたい。
日常の悩みを共有出来る仲間を探したい。
こんなことを、ず~っと思っていました。
(倶楽部の皆さんごめんなさい。ウラギリモノデス。。゛(/><)/ ヒィ) 何のカテゴリにも属さない家族。 ちょっと・・・寂しくなりました。 本当に里親認定受けて、子供引き取るか~なんてふと思いましたが、妻に却下されました。( ̄□ ̄;)!! みなさん・・・継母倶楽部で、継母でない私を受け入れてくださり、いつもありがとうございます。m(_ _)m 家族を再構築している訳でもなく、障害に正面から向き合わず、里親として積極的に社会に係わる勇気もない・・・ こんなハンパな位置の私をこれからもよろしくお願いします。(*^^*ゞ 浮気モノと言わないで~(--)/~~~~~~~☆ピシッー゛(/><)/ ヒィ で、児相の担当の方に一つ教えてもらいました。 「アン基金」

理事長が、「愛着障害」で有名な ヘネシー澄子さんらしく、現役里親でなくても子育てセミナー参加やケアステーション利用など出来るようです。 私がどう係わっていくのか、まだ判りませんが・・・一応、情報のひとつとして、ここに書き込んでおきます。

コメント

  1. you より:

    どうせ俺は醜いアヒルの子・・・・って、自分だけ白鳥になるおつもりかい!?
    (–)/~~~~~~~☆ピシッー
    (爆)
    まぁまぁ、「血がつながっていない子」が家にいて共に生活をしている、ってことでは同じなのですから、気にせずに(笑)
    ってか、「誰の子?」って自分とのつながりとか考えると、この子は誰と誰の愛の結晶だぁ、だれだれのDNAが入った子だぁ、自分だけ血がつながってないだぁ、とネガティブ極まりないこと考えてしまうので、
    「血がつながっていない子」で止めておいた方がいいのですよ(笑)
    奥様にとっては太郎くんは「血のつながっている子」、花子ちゃんは「血のつながっていない子」
    はい、おしまい!(笑)
    お帰りなさいヾ(´▽`*;)ゝ\”

  2. kyaro より:

    うん、やはりここしか居場所はなかった・・・って事でいいかと思いますw
    まさに、『 おかえりなさい。 』 がぴったり。
    何らかの事情で、血の繋がりのない子を育ててるって言う括りだけで十分じゃないですか~?
    うんうん、そう思いますよん。

  3. 穂高@ より:

    youさん
    >どうせ俺は醜いアヒルの子・・・・って、自分だけ白鳥になるおつもりかい!?
    もう、文章センス素晴らしすぎ~(爆)
    youさんのツッコミがあるからグダグダ文章でボケられます。
    ありがとう~。
    kyaroさん
    ただいま~。
    ずいぶんと間を空けてしまったというか、今まで苦労かけたね、なんちって。(;^_^A アセアセ
    血の繋がりってのがキーワードですよね。
    でも、それだけじゃないと、私は思っているのです。
    ここには、「希望」がある。
    後につづくものがある。
    だから帰ってこられるんですね。
    だから、旦那が浮気しても許してやってください・・・(いや、それは違うか)

  4. you より:

    ほほほほっ!
    文章から察していただけるかと思いますが、Sです(爆)
    ツッコミますよ~~~~~!!(o^o^o)

  5. エマノン より:

    おはようございます。初お邪魔します。
    今朝、継子に はらたって愚痴愚痴日記でも書こうかと思ったのですが、ふと目についた穂高さんの日記をよんで、家族構成どうなってるのかな?ってプロフィール読んでいたら最初よく理解できなくて考えてたら、自分の怒りがおさまってきちゃいました。
    まあ、そのうち思い出してはらたったら書きます。
    ん~花子ちゃん、太郎くんのお母さんてどうしたのですか?…きっと初めから全部よめば、かいてあるのでしょうが…      m(__)m

  6. 穂高@ より:

    エマノンさん
    コメントありがとうございました。
    怒りがおさまってよかった?です。(^_^;)
    そうですね、人の日記読んでたりするとリラックスしたりってありますよね。
    下には下がいるわ~みたいな、いや、違うか。(;^_^A アセアセ
    私もそうだし、ここで日記書いている多くの人は、書くことによって自分から癒されていたりします。
    日記を書くことによって自ら傷ついてしまう場合もあるし、加減が難しいんですけどね。
    実母のことはここにはあまり書いてないかもしれません。
    プロフィールで何となく、わかるかもしれませんが、花子は実母の連れ子、太郎がセメントです。
    つまり花子と太郎の実母は、ここにいらっしゃる皆さんと立場が同じ、ステップファミリーです。
    詳しく書くと当時、妻の弟が実母の働いているスナックに行って、お互いに離婚した相手の元に子供がいるという共通点と、当時3ヶ月ほどで乳児院に入れっぱなしだった花子に情が移ったのでしょう。
    でも、状況が同じという訳でも、性格が同じという訳でもないので、これから書く実母のことを自分におきかえて読まないで欲しいのですが。(^。^;)
    私はこんなぐうたらな女を他にみたことありませんので。( ̄□ ̄;)!!
    しいていえば、花子が・・・一番近い?遺伝子的に似ているのか、不明です。
    まあ、ぐうたらでくくっては可哀想なのかもしれないのですが・・・おそらくは、実母はADHDと診断されるような人で、症状はむしろ花子よりも酷かったかもしれません。
    花子の実母は覚せい剤で逮捕されました。
    通報者は、一緒に住んでいた夫(私の妻の弟)です。
    花子と太郎が殺されると思ったんだそうです。
    鑑別所にいる間に、離婚の手続きをして、2人の子供は妻の弟が引き取りました。
    実際には義母がずっと面倒を見ていたわけですが。
    義母が2人を養子縁組にしている理由の一つに、実母に、将来的に権利の主張をさせないためというのもあるのです。
    で、妻の弟が亡くなり、義母が面倒見切れなくなり、現在に至る訳ですが・・・
    音沙汰は全くありませんが、私たちの元に子供がいることは判っているようです。
    私にとっての悪夢は、実母がとつぜんふらりと見たことのない男を連れて、家の玄関の前に立っていること。
    義母によると、生活保護を受けて廃品回収業者の男と同姓のようなことをしているということですが、それももう何年も前の話なので、程々に幸せに暮らしていてくれればと思ってます。
    少なくとも、寂しい気持ちを妬みや恨みに変えてほしくない。
    マイナスエネルギーをお互いにぶつけ合ってもなんの得にもなりませんから。
    いずれにしても将来的には、子供たちと実母をどう関わらせるのか、そういうことも考えておかなくてはいけないんですよね~。
    本音を言えば、面倒ですが。(×_×;)

タイトルとURLをコピーしました