座敷わらし

comic

オプレーシブグレイン・SOHOアベニューの前、引越し屋と品川隆三

「荷物は全部2階ね、あのあたりへ頼みます」

「このあたりでいいですか」

「そうそう、そのへんで」

「荷物少ないわね」

 

「ま、身軽なほうがいいですから」

 

「そうよね、それは何?」

「資料です、執筆活動に使います」

「・・・」

「・・・さ、おにいさん、運んで頂戴」

「重いですね(^_^;)」

「っていうか仕事でしょ~!・・・・ま、ちょっとつめすぎたかな(^_^;)」

「段ボールの底が抜けそうですよ」

「それはマズイ!オレも手伝うから、ばら撒くのだけはやめてくれ!」

「まあ、後はよろしくお願いしますね、何かあったら、下にいますから」

——————————————

「こんなもんで」

 

「ああ~ご苦労様です」

「じゃあどうもありがとうございました!またのご利用お待ちしております!」

「はいはい~・・・っていうかそんなに利用したかないっての。引越し貧乏になっちまうよまったく。さて・・・」

窓を開け、ベランダに出る隆三隆三。

手すりから見えるのは、住宅、テニスコート。

ラケットにボールがあたる音と、大学のサークルか、若い女性の掛け声。

「ま、いっか~・・・」

部屋に戻り、エアコンのスイッチを入れ、机の周りを整理する隆三。

——————————————

ベランダと吹き抜けの天窓から夕方の日差しが入る。
ソファーで転寝をしている品川。

「ん・・・・」

「誰かいるのか?」

「・・・」

段ボールから落ちているエロDVDを手に取る隆三、首をかしげるが、また段ボールに放り投げ、TVの配線をはじめる。

——————————————

「よし、写ったよ~。地デジ完全移行までは、まだしばらくこのチューナーに頑張ってもらわないとね~」

[youtube:Pzx3j4wCB9M]

気配を感じて振り向く隆三。

「・・・」

「・・・」

「・・・」

「な・・・」

(視線をあわせず、部屋を出て行く)

「・・・」

しばし呆然の隆三。

「なんだ?今のは」

気を取り直して、部屋の外へ出る隆三

「あら、こんにちは」

「ああ!これはこれは」

タイトルとURLをコピーしました