Atypical Ways 非定型の道

スポンサーリンク
Atypical Ways 非定型の道

個の不安

死の恐怖に関する概念の発作が治まってきてもなお、私には自分と他人の区別にかかわる謎が解決したわけではなかった。
Atypical Ways 非定型の道

描画

私は絵を描くことが出来なかった。正確に言えば、典型的な絵の描きかたを知らなかった。
Atypical Ways 非定型の道

鬼歯

母の自慢は、戦争中でも甘いものに不自由したことがないということだった。
Atypical Ways 非定型の道

天然

私は生まれついての『天然パーマ』だった。また、私は鼻が高い子供だった。
Atypical Ways 非定型の道

緘黙(かんもく)

幼稚園に何年行っていたのかは憶えていないが、2年は通ったのではないだろうか。
Atypical Ways 非定型の道

転園

私は幼稚園を一度替っている。最初の幼稚園は、教会のある幼稚園であった。
Atypical Ways 非定型の道

母方の祖父

母方の祖父は、ざい(在郷)の出身だった。城下町に住む人間たちからすれば蔑まされた血筋の出身という差別的含みはもしかするとあったのかもしれないが、空気を読むニュアンスの中で決して直接的に語られることはなかったと思う。
Atypical Ways 非定型の道

ざい(在郷)

私が生まれ育ったのは北関東の城下町だ。城下町とは町名に特有の名前がついた場所がある。鍛治町、倉内町、材木町、上街、中街、下街など。
Atypical Ways 非定型の道

死の概念

局から発信される電波をある周波数に合わせて受信すると、ブラウン管に画像が映り、スピーカーから音声が流れ出る。これがテレビジョンの基本的仕組み。
Atypical Ways 非定型の道

父のルーツ

父の実家は、戦時中から裕福だったようだ。 いわゆるテーラーメイドであった。洋服屋が栄えた背景には軍服の需要があったらしい。 祖父は一代で富を築いたいわば叩き上げであった。 父は長男だった。 上には姉がいて、下には弟が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました